岡地和道さんが代表取締役の株式会社岡地、評判の先物取引で利益を上げるサポート

現物取引とは、お金をその場で支払い商品を受け取ることを指します。
先物取引は購入する時期と値段の約束をします。その後で会計をして現物を受け取るのが先物取引です。約束していた値段よりも高くなれば得したことになり、下がれば損になるようなものです。
この先物取引は買いからでも売りからでも取引ができます。値上がりすると思った時は買い注文から入り、値下がりしそうな時は売りから入る。そのような売買ができるのです。

また、少額の資金で取引ができます。総取引金額の数%程度の金額を証拠金とし、少額の資金でも取引できるのが先物取引の魅力です。そのため、わずかな値動きでも大きな利益を生むことができます。ガソリンなどの銘柄は価格変動が大きい為、ダイナミックな値動きが期待できます。場合によってはわずかな時間で利益を得ることもあります。

これが先物取引です。この先物取引は個人でも行えますが、より確実に利益を上げるためにはプロのサポートがあるといいです。
岡地和道さんが代表取締役の株式会社岡地は評判の先物取引のサポートも行っています。ではどのような点が評判となっているのでしょうか。

a0003_001841_m
1つ目は投資アドバイザーの存在です。岡地和道さんが代表取締役の株式会社岡地では、豊富な知識と経験を持つ投資アドバイザーが取引のサポートを行います。相場についてアドバイスを受けながらじっくり取引したい方に評判です。幅広い支持を得ています。

2つ目は、オンライン取引の存在です。オンライン取引ができるオアシスを利用し、パソコンや携帯電話などから取引ができます。このオンライン取引では、相場の分析から売買注文まで自分のペースで取引したい方におすすめです。高速で安定した通信回線なので、個人でもスムーズに安心して取引ができます。

投資アドバイザーとオンライン取引を組み合わせたものが、サポート・オンラインです。
従来のセルフ型オンライン取引の利便性に、お客からの色々なニーズに応えられるようにアドバイザーとのホットラインをプラスした取引スタイルです。売買に関する相談や、情報提供をしてくれます。外出先でも、電話一本で市場情報を把握できるのが特徴です。

サポート・オンラインでは、通常コースとプレミアムコースの2種類があります。必要な時だけサポートを受ける、情報を随時貰う。自分のスタイルに合わせたサポートが受けられます。

これらのサポートによって、先物取引をスムーズに行い利益を上げることができます。これが、岡地和道さんが社長を務める株式会社岡地の評判のサポートなのです。


 

◇リスクヘッジをサポートする岡地

商品先物取引は、資産の運用だけでなくリスクヘッジの一面もあります。
価格変動に対す売る保険として、生産者や商社、メーカーが利用します。
そんなリスクヘッジを岡地和道さんが社長を務める株式会社岡地でサポートをしています。
実績や幅広い顧客層、国内だけでなく海外ネットワーク、経験豊かな人材がリスクヘッジもサポートします。
リスクヘッジを利用することで業者の方々は値動きによる危険にさらされず、本来の仕事に専念出来ます。

2015/10/18


 

◇石油市場なら、岡地のエネルギー部にお任せ

商品先物取引では、ガソリンや灯油などの石油市場があります。
この石油市場なら、岡地和道さんが社長を務める株式会社岡地のエネルギー部に任せられます。
先物の受注から受渡、現物の販売や仲介を行います。
また、岡地では物流のサポートも行っています。ローリー車の手配もしてくれます。
岡地のエネルギー部は石油製品の受渡しのスペシャリストとしてのきめ細かいサポートやサービスを提供しており、ニーズに応えてくれると評判です。

2015/11/20


 

◇スマートフォンでも利用できるオアシス

株式会社岡地では、商品先物取引を行う際に便利なオンライン取引が出来るオアシスというシステムを扱っています。
このオアシスはスマートフォンでも利用できます。
スマートフォンならではの操作性を活かし、パソコン版に近い機能で取引が出来ます。
タッチパネルでのタップ、スワイプといった操作に最適化し、直感的な操作で取引が出来ます。
相場情報はリアルタイム更新なので、遅れることはありません。
外出先からでも取引が出来る優れものです。

2015/12/11


 

◇情報収集に役立つ、岡地メール会員

インターネットが普及し、様々な情報が錯綜する今日。
商品先物取引は情報収集が非常に大事ですが、自ら情報収集するのは骨が折れます。
株式会社岡地では、情報収集に役立つ岡地メール会員というメールマガジンのサービスを行っています。
岡地和道さんも充実さに納得です。
金や穀物、石油といった商品先物取引の情報、スペシャルレポート、当業者との繋がりを生かしたエネルギー情報など盛り沢山です。
情報収集に非常に役に立つメールマガジンです。

2016/1/19


 

◇アジアにも強い国際法人部

近年、経済成長においてアジアは成長が著しいです。商品先物取引においてもアジアの動向は注目されています。
岡地和道さんが社長を務める株式会社岡地の国際法人部は、重要であるアジアに子会社を持っています。それらのネットワークを生かして様々な情報提供を行ったり、世界の主要な先物市場への受託や取次を行っています。
アジアでの強さを生かし、岡地の国際法人部は法人向けに様々なニーズに応えた先物総合サービスを行っています。

2016/2/26


 

◇岡地和道さんも太鼓判を捺す通信回線

商品先物取引のために、岡地はオンライン取引のオアシスというシステムを提供しています。
色んな特長のあるシステムですが、その内の一つが高速で安定した回線であることです。社長の岡地和道さんも太鼓判を捺しています。
P-NAPシステムというものを国内で初めて導入しています。万が一回線が混雑していても、最適なルートを解析・選択して情報を届けます。
障害が発生しても回線を迂回するので、通信が途切れません。いつでも高速で安定しています。

2016/3/31


 

◇岡地和道さんが社長を務める岡地も行う法人ヘッジ取引

商品先物取引は、利益の追求だけでなく経営の安定化にも一役買っています。
商品先物取引を行うことで価格がわからなくてもある程度計画が立てられるので、経営を安定させることが出来るのです。
岡地和道さんが社長を務める岡地では、経営の安定化のために法人ヘッジ取引を行う法人は数多くいます。
業界トップクラスの財務基盤を背景とした伝統と実績、幅広い顧客層と海外ネットワーク、豊富な人材によって法人ヘッジ取引を行っています。

2016/4/28